スポンサーサイト

  • 2012.08.08 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    窓の外

    • 2011.09.04 Sunday
    • 23:22
     


    しとりしとり
    窓の外 静に伝う空の声
    沁み込んでいく
    円を描くように
    無限の波を立てて広がっていく

    瞳を閉じて 空の色
    願うように 思い浮かべては
    君の視線を思い出す
    何時か見た風景は
    昨日の君に鮮やかに消されていく
    君の影だけ
    君だけが あぁ、ぽつり



    触れたいだなんて
    あまりにも難しい
    そっと手を伸ばしてみたかった
    そうする事さえも諦めて
    私はまた遠くを見て思う
    世界が淡く染まっていく



    紡がれた声を逃さずに
    繋がれた指を嘘だなんて
    円を描くように
    無限の波を立てて広がっていく
    君が心に浸透する
    あぁ、この、温度すべて



    しとりしとり
    窓の外 静かに伝う君の声
    沁み渡るの
    円を描くように 広がって
    ジワリ 滲んで私を奪う
    瞳を閉じて空の色
    何時か見た風景が
    君だけを掻き消して
    鮮やかによみがえる



    手をかざして
    私はまた遠くに見る
    あぁ、眩しくて
    眩しくて見えないよ






    JUGEMテーマ:小説/詩

    スポンサーサイト

    • 2012.08.08 Wednesday
    • 23:22
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM