スポンサーサイト

  • 2012.08.08 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    StarDrop

    • 2012.08.08 Wednesday
    • 20:47
    StarDrop


    光が走って消えてく その先を見てみたい
    夢のようなおとぎ話 この手で触れるのなら
    輝かしい世界がいい


    繋げて落ちて 繰り返して 願った
    鎖が音を立てる 
    砂時計が廻り出す


    幾億の世界の記憶を探る
    僕と君と嘘みたいな白昼夢
    君の言葉 遠くに消える


    あの日の魔法みたいに
    この閉ざされた扉を開いたら
    願い事一つだけ 叶えてくれるって
    本当なの


    夜空に輝いた星の欠片 拾い集めて
    何度でも 君に伝えたいな
    魔法の砂時計 全部落ちたら
    この世界は宝箱に


    散りばめられた星の欠片 拾い集めて
    この世界にばら撒いたら
    いつかの君と僕を 繋いでくれるかな


    願い事を一つだけ 言葉にしたら
    幾千の時を超えて 君に届くかな
    この世界に輝いた星の欠片 拾い集めて
    もう一度何度でも 祈りを捧ぐよ
    扉に鍵かけて 砂時計止めてよ


    君と 二人 星の欠片拾い集めて
    この胸にしまうよ
    幾千の夜を超え 君に届いたら
    君との記憶を ずっと 



    覚えてる 






    JUGEMテーマ:小説/詩

    スポンサーサイト

    • 2012.08.08 Wednesday
    • 20:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM